ココロのおうち 軟式ブログ

うさぎさんの事から商品情報、日常のどうでもいいことまで、ココロのおうち事情を非公式にお届けします。


テーマ:

先日ご相談頂きました高齢うさぎさんの治療についてのご相談について掲載させていただきますニコニコ

 

 

ココロのおうちではメールにてご相談を承っています。
より多くの飼い主さまと情報共有できるよう、ご質問内容をWebに掲載させていただく事を同意していただいております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ご相談内容

高齢ウサギの余生についての相談です。
先日、ウサギの右脇に「しこり」を見つけ、近所の動物病院を受診しました。
そこの先生は触診しただけで「パスツレラ菌による膿瘍」と言い、抗生剤を処方されました。
が、触診のみの診断に疑問を感じ、遠方のウサギ診療で有名な病院へ再度診察に行きました。
すると、そこの先生は「人間でいうと100歳近いウサギにレントゲンなどの検査を受けさせるのは相当なストレスを与えることになる。このしこりが膿瘍でも脂肪腫でも、最悪腫瘍だったとしても、今こうして元気で過ごせているならそれでいいんじゃないか。僕が飼い主なら何もしない」と言われました。
確かに、自分が80や90で病気が見つかったとしても積極的な治療より、残された余生をどう過ごすか考えると思います。
通院や検査、投薬が12歳のウサギに与えるストレスも分かります。でも、やっぱりちゃんと検査した方がいいんじゃないかとも思ったり。色んな思いが交錯して日々迷っています。
当のウサギは他に悪いところもなく、食欲旺盛で元気に過ごしています。しこりも痛みはないようで、触っても嫌がりません。
長くなりましたが、ココロのおうちさんは今まで多くのウサギに関わってこられたと思います。このような場合、ココロのおうちさんならどう対処されるのか聞いてみたく、ご相談をさせていただきました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、
何卒よろしくお願いいたします。
 

■お返事

ご相談頂きましたモモちゃんの今後の見守り方についてですが、先にお答えを申し上げますと、後に行かれたどうぶつ病院の先生と同意見で、カラダに負担がかかる形での治療はせず、穏やかに過ごさせてあげてほしいなと思っています。

 

先に行かれたどうぶつ病院での診断と治療はとても悲しいですね。。。

12歳の高齢うさぎさんに対して、投薬するという事はカラダに大きな負担がかかることであるにもかかわらず、確定診断ではなく想像での診断で薬を処方されたのはとても悲しい事です。

 

◯◯さまの的確なご判断で、セカンドオピニオンに行かれて本当によかったです。

 

ただ、1つだけ後の先生のお考えとは違う「わたしならこうしてほしいかな」という点があります。

 

◯◯さまの

「当のウサギは他に悪いところもなく、食欲旺盛で元気に過ごしています。しこりも痛みはないようで、触っても嫌がりません。」

のお言葉から、モモちゃんは今とても元気な状態で、しこりの検査ができるのではないかと思っています。

 

治療するという選択はしないという考えてあっても、そのしこりが何なのかを知っておく事で、◯◯さまの不安なお気持ちが少しでも軽くなるかもしれないと思うからです。

そして万が一、悪性腫瘍や膿瘍だったとしても、その結果に向き合い、モモちゃんに寄り添う事ができると思います。サプリメントやホリスティックケアなども視野にいれる事ができます。

 

 

獣医さんから「僕が飼い主なら何もしない」とはっきりと言われてしまっていますので、再度「検査をお願いします」とはとても言い難い事だとは思いますが、もしわたしの意見も一理あるかな?と思っていただけた様でしたら、もう一度先生に相談されてみるのもひとつかと思います。

 

それでは、またご不明な点やご不安な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

◯◯さまとモモちゃんの穏やかで幸せな毎日を応援しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回のご相談に関する回答は
不特定多数のうさぎさんに通ずる内容ではありません。
モモちゃんのしこりは右脇に目で見てわかる場所・触れる事が出来る場所にありました。
しこりのある場所によっては、検査をする事が大きな負担になることもあります。
そして、うさぎさんはどうぶつ病院で検査を受ける事をストレスに感じる子が多いですので、獣医さんのおっしゃっている事も間違いではありません。


そして、積極的な治療が最良の選択の場合もあります。

 


 

その子その子により、そして症状や状態により答えは違ってくると十分にご理解の上、参考にして頂けたらと思います。

 

 

 

また、同じように悩まれている飼い主さんがいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいニコニコ

 

 

ココロのおうちではメールにてご相談を承っています。
より多くの飼い主さまと情報共有できるよう、ご質問内容をWebに掲載させていただく事を同意していただいております。

 

ココロのおうち

いいね!した人  |  リブログ(3)