脱スピリチュアル宣言☆心理スピリチュアリスト 野村 昌史♪☆

“自分との対話で世界がかわる”
もっと自由に、楽しく生きるために
成果・成長を感じる楽しい人生をつくる方法を伝えています。


あなたの中に眠るスピリチュアルな才能、
本来備わるスピリチュアリティーを
心から解き明かしていく活動をしてる、
野村 昌史と申します。



人の本来の可能性、才能は
感情や思考に左右されるものでなく、
すべて自分で選択できるもの。

それまでの常識的、感情的な思い込み、
思考から離れ、自身をより感覚的な存在へと
成長させていく。

今は、幻想的、ビジネスとしての
スピリチュアルが氾濫しています。

そこには人の不安、恐れ、
寂しさ、思い込みなどから、
奇跡の信仰の対象ともなってきています。

でも本来のスピリチュアリティーとは、
本当にそのようなものでしょうか?

そんな疑問を解き明かそうと、
日々探求しています。


$自分らしく生きるための32の法則
ご質問などは、お問合せフォーム から
 お気軽にご連絡ください
キラキラ



お問合せ


テーマ:



あなたは、何もしない自分に
どれだけ耐えことができますかはてなマーク

何もしない自分に
何の疑問も、何の責めも
何の罪悪感も感じず
過ごすことができますかはてなマーク

その簡単とも思える
この行為と意識

おそらく多くの人は
長期間その状態でいることは
かなり難しいでしょう。

一日も難しい
一時間も難しいと感じる人も
多いかもしれません。

人は、この世界で存在するために
何かをしなければならない
何かをしていないと意味がないと
意識下で囚われています。

それらの意識でいることで
人は心を縛られ、身体を縛られ
故に思考や行動を縛られ
とても不自由になっています。

私も同様に不自由を
いつも強いられています。

でも、その不自由さから
自由になるために

この一年以上の間
できるだけ多くの時間を

何かをし過ぎないこと
努力し過ぎないこと
準備し過ぎないこと
考え過ぎないこと
感情に囚われ過ぎないことなどに
意識の本流を別のところに
置いていました。

人は努力したことが
努力した分だけ結果が
与えられると信じさせ
られてています。

本当にそうでしょうかはてなマーク

本来の努力とは・・・

自身の力を力まず受け容れ
ありのままを結果に執着せず
向ける意識のことです。

どんなに優れた才能をもつ
アスリートも、確かに練習や努力なしに
よい記録を出すことは難しいでしょう。

でも、その才能あるアスリートも
ほんの少しの緊張、力みや感情的動揺で
それまでの努力の結果に結びつかないことを
多くの人は目にしているはずです。

人は何かをしようとするとき
必ず何かを使おうとします。

また頑張ろうとします。

期待に応えようとします。

さらに付け加えるなら
自らを護ろうともします。

力み、感情の抑圧に身を置き
自己防御に囚われる。

何もしないでいる自由さと

何かすること、その結果に
囚われていることと

どちらが自身の本来の力を
発揮できるでしょうか?

あなたの力の源泉は
何もしない自分を理解し
受け容れ、赦すことができる
自分の無意識の中にあります。

今人生で緊張、不安をもっていない人は
誰もいないでしょう。

それが自分の力、才能を
塞き止めているとは
多くの人は気づきつつも
見てみぬ振りをしています。

今もつすべてを放棄するということを
意味しているのではありません。

ただ今どのように事柄を感じ
自らの人生について理解し、考え、
行っていくかを、もっと囚われない、
緩やかな心で捉えているのか。

それを何もしない自らの状態として
客観的に見ることができるかで

何事にも真に構えない
不安に動揺しない
過去や未来の結果に囚われない
自分を護る意識に囚われない
多くの感情に惑わされない


人生をおくる自分に力みや緊張を
与えないようにしてみたときの
自分の状態を想像してみてください。

何も成功者になる
必要などありません。

誰かに認められる結果を出す
必要などありません。

自分と他者を比較する
必要などありません。

何もしないのは
何もかも放棄することではなく

何者にも囚われない
自由な自分となり

自身の本来の力を
発揮できるようになるということです。

 

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


近日リニューアル予定
音譜

自分創造学校 のホームページキラキラ




2016年、大きく飛躍に向けて
本当の自由な変化を体験してみませんか

 http://www.jibun-happiness.com/

 
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)