言葉に頼りすぎない。

テーマ:


ココペリの旅

言葉ではなく、心で語る。


言葉でなく心を読む。

相手には言葉でなく沈黙で語りかけるのだ。
         

もともと言葉はコミュニケーションのための

道具ではなかった。


言葉は自分にスイッチを入れるために

使うもの。


         ―――いつも心にココペリを
AD

よい言葉を使う。

テーマ:


ココペリの旅


かんたんなことだ。



よい言葉を使うだけで、よいことが起こる。





たとえば自分に向けて、


「私はよくやっている。がんばっている。えらいぞ!」と


励ますだけでよい。




恥ずかしいかもしれないが、


鏡に映る自分に向かって、


「私は、あなたが一生懸命生きていることを知っている。


私ががんばって生きていることを、誰よりも私が知っている。」


と認めてみる。





他人に認められる前に、まず、自分で自分を認めてみる。




この人生で、今、実際に、成功しているか、どうか、は問題ではない。




結果ではなく、


今、生きていること、ここまで生きてやってこれたこと、


を褒めるべきだ。





我々は昔、紙に書くような言葉を持っていなかった。


だから、発する言葉の持つ、意味の重さを知っている。





よい言葉を使う。


たった、それだけでよい。


―――いつも心にココペリを



AD