青谷上寺地遺跡で弥生時代中期(約2000年前)の溝や、中国製青銅鏡「八禽(はっきん)鏡」の破片などが発見された。
 溝は同遺跡最古のもので、鏡面には8羽の鳥などの浮き彫りがあるという。[読売新聞・朝日新聞・毎日新聞]
AD