手取層群で白亜紀前期(約1億2000万年前)の小型肉食恐竜の化石160点が発見された。
 ドロマエオサウルス類の新種とみられ、6割がたの骨が見つかったという。[朝日新聞]
AD