柴又八幡神社古墳で発見された6世紀後半の土師器(はじき)が、朝鮮半島由来の土師器をまねて作られたものであることがわかった。
 牛の角のような形をした取っ手が付いているのが特徴だという。[読売新聞]
AD