古宮(ふるみや)遺跡で飛鳥時代(7世紀前半頃)の古代の官道「山田道」跡が発見された。
 同遺跡では、同時期の大型建物跡も出土しており、近くには推古天皇の小墾田宮(おはりだのみや)があったとされているという。[日刊スポーツ]
AD