木津城山遺跡で弥生時代後期の集落の北端を区切る溝が発見された。
 長さ50m、外敵の侵入を防ぐものとみられるという。[京都新聞]
AD