飛鳥時代(7世紀前半)の藤井39号墳が墳丘直径約35mの円墳で、河原石が組み上げられた石室があることがわかった。
 近くにある吾妻古墳被葬者と近しい人の墓とみられるという。[下野新聞]
AD