大泊A遺跡で平安時代頃の製塩施設跡が発見された。
 直径2~3m・深さ30cmほどの土坑(どこう)で、当時の七尾湾や富山湾岸は全国有数の製塩地域だったという。[北国新聞]
AD