これまで円墳と考えられていた王塚古墳が古墳時代中期(5世紀前半)の前方後円墳だったことがわかった。
 全長75m超で、被葬者は久津川古墳群(京都府城陽市)の被葬者と匹敵するほどの勢力を持っていたとみられるという。[京都新聞・読売新聞]
AD