昭和時代の文人・中野重治(なかのしげはる)の生原稿が発見された。
 原稿用紙4枚の短編小説『新任監督官』だが、知り合いの編集者・戸台俊一の作品を手直ししたものとみられるという。[朝日新聞]
AD