姫路城清水門跡の江戸時代初期の築城時に築かれた石垣に高度な排水機能があることがわかった。
 石垣の裏側は下層に玉石が積まれ、上層に砂利と泥が2層ずつ交互に重なっていたという。[毎日新聞]
AD