1日以前、野村町の金貝遺跡で奈良時代後半~平安時代初頭の大型掘立柱建物跡8棟と用水路跡が発見された。
 最大の建物跡は9.7×5.8m、大安寺の荘園を経営した「荘官」の屋敷跡とみられるという。[京都新聞・読売新聞・産経新聞・MSN]
AD