中国地方を制した戦国大名・毛利元就(もうりもとなり)の居城として知られる吉田町の郡山城跡で戦国時代(16世紀後半の石垣や郭(くるわ)跡、鍛冶(かじ)炉、版築(はんちく)土層などの跡が発見された。
 郭跡は自然石を積み上げたもので、輝元(てるもと。元就の孫)時代のものとみられるという。[読売新聞・毎日新聞]
AD