片桐遺跡で発見された出土品が青銅製の管耳瓶(くだみみへい)だったことがわかった。
 鎌倉時代のもので、茶道具に使われた可能性があるという。[新潟日報]
AD