南栗ヶ塚遺跡で縄文時代前期の竪穴式住居跡が発見された。
 ほぼ円形で直径約3.8m、建て替えの跡もあるという。[京都新聞]
AD