ジュラ紀初期(約1億9000万年前)に生息した世界最小級の恐竜「ヘテロドントサウルス」の赤ちゃんの頭骨化石が発見された。
 化石は長さ4.5cm、雑食性だという。[時事通信]
AD