ミャンマーで発掘された琥珀(こはく)の中から白亜紀前期(1億1000万年前~9700万前)のヤモリの化石が発見された。
 幼生で体長2.5cm未満(成長すれば30cm程度)、ヤモリの化石としては世界最古のものだという。[ナショナルジオグラフィック]
AD