萱津神社で江戸時代末期の鞍(くら)2個が発見された。
 約60年に1度行われた御鍬(おくわ)祭のもので、1つには「文政元(1818)年八月吉日」と彫られているという。[中日新聞]
AD