唐谷坂道(浜田~金城町七条)で江戸時代末期(19世紀初め)の石畳道が発見された。
 1.3~2×90m、大小の石を縁石として道の左右に配し、その間に石を敷き詰めてあるという。[山陰中央新報]
AD