12日以前、堂ノ上遺跡で古墳時代中期の紡錘車(ぼうすいしゃ)や子持勾玉(こもちまがたま)などが発見された。
 紡錘車は石製で直径8.5cmと大型、儀式で使われる特別な装飾品を作ったと思われるという。[毎日新聞]
AD