六光寺遺跡で旧石器時代に石器を作った際に生じる剥片(石くず)や古墳時代後期(7世紀)の竪穴式住居や土坑(どこう)、奈良時代(8世紀)の遺構などが発見された。
 土坑からは土製の勾玉(まがたま)と丸玉も出土したという。[東日新聞]
AD