弘化四年(1847)に発生した善光寺地震で長野盆地西縁断層周辺と断層西部で揺れが強かったことが裏付けられた。
 各地の寺社800か所の灯籠の損壊状況を調べて実証されたという。[信濃毎日新聞]
AD