近世飛騨史『斐太後風土記』の戸口データが嘉永六年(1853)の「嘉永度石高帳」を原典としていたことがわかった。
 これまでは明治三年(1870)前後のものとされてきたという。[岐阜新聞]
AD