5日以前、纏向遺跡にある日本最古級の前方後円墳3基(勝山・矢塚・東田大塚)が卑弥呼の時代に相次いで築かれていたことがわかった。
 また、勝山古墳の全長は115m、矢塚古墳は93m、東田大塚古墳は120mとわかったという。[産経新聞・毎日新聞・MSN・Yahoo!ニュース]
AD