昭和~平成時代の作家・城山三郎(しろやまさぶろう)の遺稿「そうか、もう君はいないのか」が発見された。
 原稿用紙120枚、亡き妻への思いをつづった作品だという。[毎日新聞]
落日燃ゆ (新潮文庫)/城山 三郎
¥660
Amazon.co.jp

AD