古墳時代中期(5世紀頃)の瑞泉寺古墳のそばで同時代の「八幡ヶ谷古墳」と「志味堂古墳(ともに仮称)」、巴(ともえ)形銅器や変形神獣鏡などが発見された。
 八幡ヶ谷古墳は円墳で直径20m、ほかにも古墳が見つかる可能性があるという。[中日新聞]
AD