4日以前、竹田遺跡で飛鳥時代後半(7世紀後半~8世紀初め)の大型建物跡6]棟が発見された。
 最大のものは4.8×12超m、当時の都・飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)を見下ろす一等地にあり、新田部皇子(にいたべのみこ。新田部親王。天武天皇の皇子)の邸宅跡の可能性が高まったという。[朝日新聞・産経新聞・MSN]
AD