『高野聖』『歌行燈』『天守物語』などを執筆した明治~昭和時代の小説家・泉鏡花(いずみきょうか)の直筆原稿が発見された。
『照葉狂言(てりはきょうげん)』と『毬栗(いがぐり)』の原稿1枚ずつで、泉鏡花記念館(石川県金沢市)で公開されるという。[北国新聞]
夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)/泉 鏡花
¥420
Amazon.co.jp

AD