徳川家康最初の居城・岡崎城大林寺郭堀跡で安土桃山時代末期の石垣が発見された。
 全長約30m・高さ7m、関ヶ原の戦い以前の城としては類がない総石垣造りで、規模としても江戸城・大坂城・姫路城に次ぐ巨大な城だったことがうかがわれるという。[中日新聞]
AD