水沢区佐倉河の胆沢川河川敷で約120万年前に生息していたアケボノゾウの足跡化石が発見された。
 直径約30cm、台風による大雨で地表に出てきたという。[岩手日報]
AD