寺家遺跡で中世の青磁や白磁などが大量に発見された。
 一帯の有力者だった院林氏が使用し、何か祭祀(さいし)を行っていたとみられるという。[中日新聞]
AD