白山の笈ヶ岳(おいずるがたけ)で発見された室町時代(16世紀前半頃)の経筒(きょうづつ)の奉納者が、加賀の大聖寺ではなく、名古屋にあった大聖寺の可能性が高くなったことがわかった。
 経筒は銅製の円柱状で高さ14.5cm、「尾州八事迫(びしゅうやことはざま。名古屋市天白区)」の「大聖寺住僧善養房(ぜんようぼう)同行十二人」が奉納したと思われるという。[北国新聞]
神々の故郷、白山/伊勢 白山道
¥2,625
Amazon.co.jp

AD