天正十年(1582)六月二日の「本能寺の変」で炎上したことで知られる本能寺跡で石垣や堀、大量の焼け瓦が発見された。
 堀は二重で石垣造りは丁寧、同寺が城郭並みのつくりだったことがうかがえるという。[読売新聞・京都新聞]
本能寺の変 四二七年目の真実/明智 憲三郎
¥1,600
Amazon.co.jp

AD