23日以前、奈良~平安時代(8世紀後半~9世紀後半)に多賀城や国分寺などの瓦を製造していた与兵衛沼窯跡で、朝鮮半島の遺跡で出土した「棟平(むねひら)瓦」と同じ技法の瓦が発見された。
 平安時代の正史『日本三代実録』には、貞観十一年(869)に多賀城が地震で崩壊した際、新羅の瓦職人が派遣されたと記されているという。[河北新報]
AD