24日以前、下横屋遺跡で弥生時代(紀元前5~3世紀)に装飾品として使われた琥珀(こはく)が発見された。
 円筒形で長さ約1cm、穴にひもを通して使ったと思われるという。[産経新聞]
AD