正宗白鳥の弟で、万葉集研究で知られた国文学者・正宗敦夫の書簡が発見された。
 終戦後間もない時期の書簡で、苦しい生活ぶりを赤裸々につづっているという。[山陽新聞]
AD