岡山市立中央中で1663年以前の江戸時代初期の城下町跡が発見され、文献にないナゾの炉壁(金属を精製するための炉の壁)が大量に出土した。
 銅を精製していたとみられるが、何を作っていたかは不明だという。[岡山日日新聞]
岡山城―古式伝える漆黒の烏城 (歴史群像・名城シリーズ (12))/著者不明
¥1,631
Amazon.co.jp

AD