湯牟田遺跡で弥生時代後期~古墳時代の木製の鍬(すき)が発見された。
 全長98cm、柄の長さ58×16cmで、現在のものとほとんど同じ形をしているという。[宮崎日日新聞]
AD