西京極遺跡で弥生時代後期の土錘(どすい)が発見された。
 長さ7cm・直径3cmの紡錘形で、コイやアユ釣りのおもりとして使われたものだという。[京都新聞・Yahoo!ニュース]
AD