運慶作と確認された「大威徳明王坐像(だいいとくみょうおうざぞう。称名寺蔵)」の中から発見されたハスの実の中に、「仏舎利(ぶっしゃり)」が納められていたことがX線調査でわかった。
 ハスの実は長さ約1.7cmで、中心部に直径1~2mmの円が移っているという。[神奈川新聞]
運慶 仏像彫刻の革命 (とんぼの本―やさしい仏像の見方シリーズ)/西村 公朝
¥1,575
Amazon.co.jp

AD