マキノ御室製作所が製作し、戦前から所在不明になっていた無声映画「学生三代記」のフィルムの一部が発見された。
 同作品は昭和五年(1930)マキノ雅弘(正博。マキノ省三の子)が製作、天保・明治・昭和の三部構成で、各学生の逸話を描いているという。[京都新聞]
マキノ雅弘―映画という祭り (新潮選書)/山根 貞男
¥1,470
Amazon.co.jp

AD