23日以前、平成十四年(2002)に未盗掘で見つかった古墳時代後期(6世紀後半)の円墳or前方後円墳・中村1号墳の石室の長さが9.5mと判明し、新たに3本目の装飾大刀などの副葬品が発見された。
 長さは刃先が折れた状態で70cm、銅製の鍔(つば)がついているという。[山陰中央新報・朝日新聞]
AD