9日以前、大野城跡で飛鳥時代(7世紀後半)のものと思われる7か所目の城門が発見され、門扉の軸受け金具が出土した。
 同城は百済からの亡命者が築城に携わったとされているが、石垣だけではなく、門扉まで朝鮮半島の技術が導入されていたことを示すものだという。[読売新聞]
百済滅亡と古代日本―白村江から大野城へ/全 栄来
¥3,780
Amazon.co.jp

AD