加賀金沢藩が万時元年(1659)の金沢城下町大改造の際に、16の寺院を小立野・寺町・卯辰山の3寺院群に移していたことがわかった。
 大改造は、小松(石川県小松市)に隠居していた3代藩主・前田利常(まえだとしつね)が没し、彼の家臣団が金沢に戻ってきたために行われたものだという。[中日新聞]
前田利常 (上) (光文社文庫)/戸部 新十郎
¥800
Amazon.co.jp

AD