鍛冶屋D遺跡で縄文時代晩期(約3000年前)の竪櫛(たてぐし)が発見された。
 漆塗りの髪飾りで、5.2×2.3×1cm、葉でない部分が完全体で残っているという。[山陽新聞]
AD