1日以前、上向(うわむかい)B遺跡で縄文時代中期~後期(約4000~3000年前)の琥珀(こはく)製装飾品1点と破片2点が発見された。
 大きさは約4×3cm、半月形で穴があるという。[長野日報]
AD