日笠町で鎌倉時代の貯木場が発見され「日笠花刈遺跡」と命名された。
 平重衡(たいらのしげひら)の焼き討ちで荒廃した南都復興のために木を切り出した可能性があるという。[奈良新聞]
AD