11日以前、戦国時代の北条氏の支城・津久井(つくい)城跡で深さ約3mの空堀が発見された。
 同城は城山を利用した山城で、天正十八年(1590)豊臣秀吉による小田原攻めの際に落城している。[神奈川新聞]

AD